新潟の弁護士なら弁護士法人美咲総合法律税務事務所にご相談下さい

TEL 025-288-0170

FAX 025-288-0172

5名のプロフェッショナルがチームを組みあらゆるニーズをワンストップでサポートします。

2016年8月発行

・刑事手続きの流れ
・弊事務所の弁護士五十嵐勇をご紹介いたします!
※pdf版をご覧になられたい方はこちらか下記の写真をクリックしてください。

MISAKINewsletter Vol.4.jpg
MISAKINewsletter Vol.4-2.jpg

弁護士法人美咲総合法律税務事務所では、法務・税務関連のニュースや弊事務所の近況などを、ニュースレターとして不定期にお送りさせていただいております。

4回目の今回は、突然、ご自分やご家族が刑事事件の被疑者となってしまった場合でも慌てないように、あらかじめ知っておきたい刑事事件の流れについてご紹介します。

また、弊事務所の弁護士五十嵐勇を紹介させていただきます。

 

刑事手続きの流れ

逮捕(最長72時間)⇒勾留(最長23日間)⇒起訴⇒刑事裁判⇒判決が一般的な流れです。
 

突然の逮捕これからどうなる?

逮捕
逮捕は、最長72時間の身柄拘束です。その間に、警察から事件の送致を受けた検察官は、被疑者の身柄を解放するか、被疑者をさらに長期の身柄拘束である「勾留」するかどうかを判断します。

勾留
勾留は、最長23日間の身柄拘束がなされる可能性があります(多くは20日)。勾留期間中に、捜査機関は犯罪事実についての取り調べを進め、証拠を収集し、最終的に検察庁が被疑者に対してどのような処分をするかを判断します。
 
処分は①起訴猶予、②略式起訴(罰金)、③公判請求(起訴)の大きく分けて3通りあります。①起訴猶予や、②略式起訴(罰金)の処分になった場合には、身柄が解放されますが、③公判請求(起訴)された場合には、保釈が認められない限り、裁判が終了するまで身柄拘束が続きます。

刑事裁判
③公判請求、すなわち起訴された場合には、刑事裁判を受けなければなりません。日本の刑事裁判では、99%以上が有罪になるため、いかに公判請求を回避するかが重要になり、そのためには、早期から迅速な弁護活動をすることが大きなカギになります。
 
 

弁護人の役割

被疑者との接見
逮捕されている期間は、弁護士以外の一般人との接見は制限されることが多々あります。また、勾留後であっても、「接見禁止」という処分が付けられた場合には、被疑者は弁護士以外と接見することができません。弁護人は、被疑者に対して捜査への対処方法をアドバイスするとともに、外部の人に対して連絡をする等、被疑者の権利を守るために、必要に応じて接見を繰り返します。

被害者対応
弁護人が勾留期間内に被害者と示談を成立させることができれば、起訴を回避する可能性が高まります。早い段階で弁護人に依頼することができれば、より迅速な示談成立が期待できます。

検察官対応
被疑者に有利な証拠を集め、弁護人から検察庁に対して、処分を軽くするよう働きかけることもあります。

このように、刑事事件では、弁護士の果たす役割は大きく、弁護活動が処分の結果に影響することも多くあります。万が一、身近な人が逮捕されてしまった場合には、すぐに弊事務所に御連絡下さい。
 

弊事務所の弁護士 五十嵐(いからし)勇(ゆう)をご紹介いたします!

4.png
略歴  
昭和62年に新潟県加茂市にて出生。
新潟県立三条高等学校、新潟大学法学部を卒業後、九州大学法科大学院を経て、平成24年に司法研修所に入所。平成25年に弁護士登録、弁護士法人宮本総合法律税務事務所(現在の美咲総合法律税務事務所)入所。
詳しい弁護士紹介はコチラ>>
 

弁護士五十嵐勇Q&A

Q先生が弁護士を志したきっかけは何ですか?
法学部で法律を勉強していく中で、法学の奥深さを知り、また文章を書く仕事に興味があったことから、弁護士を志しました。最初の頃は、ドラマ「HERO」で木村拓哉演じる久利生検事にあこがれて検察官志望でしたが、幅広い分野の仕事ができる弁護士を目指すようになりました。大学院時代には研究職にも興味を持ちました。
 
Q担当している事件の中で、多い事件はどのような事件ですか?
交通事故、相続、破産、不動産関係の事件が多いです。
 
Q弁護士のイメージと現実の仕事との間に、違いはありますか?
華やかな業界という印象をお持ちの方が多いのですが、実際はとても地味です。仕事のほとんどは書面の作成や電話、メール対応のように思います。
 
Q弁護士として心掛けていることはありますか?
法律用語は難解なものが多いので、ご依頼者様との打合せの際には、平易な言葉を使うように気を付けています。 

Q先生の趣味は何ですか?プライベートの時間は、どのようにして過ごされていますか?
サッカーが好きで、社会人リーグに参加しています。ポジションはサイドバックです。休日には、サッカーの練習や試合をしたり、ランニングや筋トレをして体づくりをしています。今一番欲しいものは、「体力」です。
また、昨年は、参加している社会人リーグの事情で、サッカー4級審判員の資格を取得しました。4級の資格は、一日講義を受けるだけで比較的簡単に取得ができるのですが、久々に資格のようなものを取得したので、なんとなくうれしい気持ちになりました。
 
Q最近気になったニュースは何ですか?
リオオリンピックの開幕です。アルビレックス新潟から急きょ鈴木武蔵選手が選ばれたので、とても楽しみですね。
 
Q最後に先生からメッセージをお願いします。
「弁護士にこんなこと相談していいのかな?」と悩まれる方が多くいらっしゃるのですが、ご自身が些細なことと思われることでも、まずは専門家にアドバイスを求めることが大切だと思います。いつでもお気軽にご連絡ください。
 

編集後記

突然、自分や家族・知人が刑事事件に巻き込まれることは、いつ起こるかわかりません。
また、昨今は複雑な特別法も多数存在することから、事業展開や会社経営の際に、自分でも気づかないうちに法律に違反してしまっていることがあるかもしれません。

刑事事件の通常の流れでは、起訴されてしまえば数カ月もの間身体拘束が続いてしまうこともあるため、早期の身柄解放を目指すには、弁護士の迅速な活動が不可欠となります。弊事務所では、迅速かつきめ細やかな弁護活動のために、刑事事件には基本的に複数の弁護士が対応致します。刑事事件でお困りの際には、是非速やかにご相談ください。
(弁護士 江幡 賢)

 
 

当事務所で発刊したニュースレターのバックナンバーです。ぜひご覧下さい。

Vol. 発刊月 メインテーマ
22 2019年8月 受動喫煙防止を内容とする法律の改正について
21 2019年6月 SNSと雇用管理について
20 2019年4月 年次有給休暇付与の義務化について
19 2019年2月 勾留延長?準抗告?保釈って?
18 2018年12月 働き関連法の概要
17 2018年10月 その「懲戒処分」、大丈夫ですか?
16 2018年8月 成人年齢引き下げ(18歳)について
15 2018年6月 交通事故(物損)Q&A
14 2018年4月 民法(相続分野)改正
13 2018年2月 債権回収の進め方
12 2017年12月 「経営者保障に関するガイドライン」とは?
11 2017年10月 民法(債権分野)改正
10 2017年8月 残業時間に関する規制の概要
9 2017年6月 個人情報保護法改正ー中小企業実務への影響
8 2017年4月 相続の基本と相続Q&A
7 2017年2月 従業員の交通事故に対する会社の責任
6 2016年12月 成年後見制度について
5 2016年10月 職場のメンタルヘルス対策,大丈夫ですか?
4 2016年8月 刑事手続きの流れ
3 2016年6月 離婚問題について
2 2016年4月 遺言を残すにはメリットがあります
1 2016年2月 これだけは知っておきたい!交通事故の注意点!


banner_01.jpg
  • セミナー・講演情報

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市

佐渡市

 

弁護士法人美咲総合法律税務事務所(旧:弁護士法人宮本総合法律税務事務所)

〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
LTMセンター(リバーリオ美咲3F)

TEL 025-288-0170 FAX 025-288-0172