新潟の弁護士なら弁護士法人美咲総合法律税務事務所にご相談下さい

TEL 025-288-0170

FAX 025-288-0172

5名のプロフェッショナルがチームを組みあらゆるニーズをワンストップでサポートします。

2019年4月発行

・年次有給休暇付与の義務化について

※pdf版をご覧になられたい方はこちらか下記の写真をクリックしてください。

20-1.jpg
20-2.jpg



弁護士法人美咲法律事務所では、法務・税務関連のニュースや弊事務所の近況などを、ニュースレターとして不定期にお送りさせていただいております。


さて、20回目の今回は、平成31年4月1日から施行される「年次有給休暇の付与義務化」について少し詳しくご説明します。

年次有給休暇付与の義務化について


平成30年6月29日、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」、通称「働き方改革関連法」が成立し、それに伴って労働基準法が改正されました。

その結果、平成31年4月から、使用者は、年間10日以上の有給休暇を取得することができる従業員に対し、最低5日以上の有給休暇を実際に取得させなければならないことになりました。



年次有給休暇の制度とは?

そもそも、有給休暇とは、労働者の休暇日のうち、使用者から賃金が支払われる有給の休暇日のことをいいます。正式には「年次有給休暇」といいます。
年次有給休暇の取得は労働者の権利であり、使用者は、労働者から有給休暇の請求があった場合には、原則として拒否することができません。例外的に有給休暇取得により会社の事業の正常な運営が妨げられる場合に限り、他の時季に変更できます。

年次有給休暇取得の要件


使用者は、①入社から6か月間継続勤務している正社員(フルタイムの契約社員を含みます)や、②入社後6か月以上を経過している週30時間以上勤務のアルバイトやパート社員などの非正規労働者に対して、労働者が直近1年間の全労働日の8割以上を出勤した場合には、原則として10日の有給休暇を与えなければなりません。
また、使用者は、③週30時間未満勤務の非正規労働者であっても、全労働日の8割以上を出勤した場合には、勤続期間や週の所定労働日数によって、1日~20日の有給休暇を与えなければなりません。

年次有給休暇付与の義務化


今回の法改正により、使用者は、年間10日以上の有給休暇取得の権利がある労働者に対して、取得時季を指定して、少なくとも5日の有給休暇を取得させなければならなくなりました。

対象となる可能性があるのは、以下の従業員です。

 ①入社から6か月以上継続勤務している正社員(フルタイムの契約社員も含む)

 ②入社から6か月以上継続勤務している週30時間以上勤務の非正規社員(パート・アルバイト含む)

 ③入社から3年半以上継続勤務している週4日勤務の非正規社員(パート・アルバイト含む)

 ④入社後から5年半以上継続勤務している週3日勤務の非正規社員(パート・アルバイト含む)

なお、週2日勤務以下の非正規社員は、有給休暇の権利は最大でも年7日となるため、対象にはなりません。

上記①~④の従業員が直近1年間で出勤率が80%以上の場合には、年10日以上の有給休暇取得の権利が発生し、使用者は、その労働者に対し、有給休暇の取得時季を指定して最低5日以上の有給休暇を現実に与えなければならなくなりました。

例えば、労働者から有給休暇取得の申し出がなくとも、使用者が労働者に対し、「〇月△日に有給休暇を取得してください。」等と、最低5日間は休暇を取得させなければなりません。

有給休暇を取得させるタイミング・方法等

1 有給を取得させるタイミング

 
 使用者は、労働者ごとに、年次有給休暇を付与した日(基準日)から1年以内に、5日間については、取得時季を指定して、有給休暇を現実に取得させなければなりません。


 例えば、平成31年4月1日に入社した正社員に対しては、10日の有給休暇が付与された平成31年(令和元年)10月1日から令和2年9月30日までの間に、5日間の有給休暇を取得させなければなりません。
 

2 時季指定の方法

 

 使用者は、時季指定にあたっては、労働者の意見を聴取しなければなりません。また、できる限り労働者の希望に沿った取得時季になるよう、聴取した意見を尊重するように努めなければなりません。

 

3 時季指定を要しない場合

 

 既に5日以上の有給休暇を取得している労働者や、労使協定による計画年休を取得する場合には、その日数分を5日から控除する必要があります。

 つまり、使用者は、使用者による時季指定、労働者自らの請求、計画年休、のいずれかの方法で年5日以上の有給休暇を取得させればいいということになります。

 

4 年次有給休暇管理簿

 

 使用者は、労働者ごとに年次有給休暇管理簿を作成し、3年間保存しなければなりません。

 

5 就業規則への規定

 

 休暇に関する事項は、就業規則の絶対的必要記載事項であるため(労働基準法89条)、時季指定の対象となる労働者の範囲や時季指定の方法等について、就業規則に記載しなければなりません

 

6 罰則

 

 使用者が、労働者に年5日間の有給休暇を取得させなかった場合、30万円以下の罰金が科される可能性があります(労働基準法120条)。
 

編集後記


新年度も始まり、新元号も発表になりました。この春から、我々の生活を取り巻く環境も大きく変化していますが、その一つが「働き方改革関連法」に関する法改正です。
これまでも年次有給休暇の制度はあったものの、日本では、有給休暇の取得率が低調に推移しており、有給休暇の取得促進のために、使用者に年次有給休暇の時季指定義務が課されることになりました。
企業のコンプライアンスが特に指摘される昨今、従業員に対して適正な有給休暇を取得させるよう、早急な対応をご検討ください。また、労務に関するご相談がありましたら、当事務所に気軽にお問い合わせください。(弁護士 江幡 賢)

 

Misaki Newsletter のご紹介


ここでは,当事務所が不定期で発行している「Misaki Newsletter」をご紹介しています。


当事務所で発刊したニュースレターのバックナンバーです。ぜひご覧下さい。

Vol. 発刊月 メインテーマ
20 2019年4月 年次有給休暇付与の義務化について
19 2019年2月 勾留延長?準抗告?保釈って?
18 2018年12月 働き関連法の概要
17 2018年10月 その「懲戒処分」、大丈夫ですか?
16 2018年8月 成人年齢引き下げ(18歳)について
15 2018年6月 交通事故(物損)Q&A
14 2018年4月 民法(相続分野)改正
13 2018年2月 債権回収の進め方
12 2017年12月 「経営者保障に関するガイドライン」とは?
11 2017年10月 民法(債権分野)改正
10 2017年8月 残業時間に関する規制の概要
9 2017年6月 個人情報保護法改正ー中小企業実務への影響
8 2017年4月 相続の基本と相続Q&A
7 2017年2月 従業員の交通事故に対する会社の責任
6 2016年12月 成年後見制度について
5 2016年10月 職場のメンタルヘルス対策,大丈夫ですか?
4 2016年8月 刑事手続きの流れ
3 2016年6月 離婚問題について
2 2016年4月 遺言を残すにはメリットがあります
1 2016年2月 これだけは知っておきたい!交通事故の注意点!

  • セミナー・講演情報

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市

佐渡市

 

弁護士法人美咲総合法律税務事務所(旧:弁護士法人宮本総合法律税務事務所)

〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
LTMセンター(リバーリオ美咲3F)

TEL 025-288-0170 FAX 025-288-0172