新潟の弁護士なら弁護士法人美咲総合法律税務事務所にご相談下さい

TEL 025-288-0170

FAX 025-288-0172

5名のプロフェッショナルがチームを組みあらゆるニーズをワンストップでサポートします。

迅速な弁護士接見が必要である理由(初回接見の重要性)


逮捕された場合,検察官は勾留するかどうかを判断するため,取り調べを行います。

この中で,被疑事実(一般的に「容疑」と言われるものです。)を確認するのですが,その被疑事実を認めるかどうかにより,勾留されるかどうか,そしてその後の対応をどのようにしていくのか等,大きな影響を与えることがあります。
 
逮捕勾留された人には自らを防御するための権利があります。

例えば,黙秘権,や弁護人選任権などがありますし,かりに勾留が認められた場合に勾留手続を取り消すべきだと主張することもできます(準抗告といいます)。

このような権利を知らないまま取調べを受ければ,自らを防御する機会を失ってしまうことになりかねません。
 

また,取り調べの中で「供述調書」を作成します。

この供述調書は,捜査担当者が被疑者から聞き取った内容をその場でパソコンでまとめて印刷をしたり,または捜査担当者が手書きをして作成します。

その調書の内容を捜査担当者が被疑者に対して読み聞かせをし,内容に間違いがなければ,被疑者が署名捺印をします。

重要なのはここです。

調書の内容を見て,聞いた上で署名捺印をするわけですから,裁判の中で「この調書は自分の言っていないことが書かれている」と争ったとしても,「内容に間違いがないから署名捺印した」のですから,なかなか調書の内容を覆したり,調書に反する主張が難しくなるのです。

「自分の言っていないことが調書に書かれるなんておかしいのではないか」と思われるかもしれませんが,過去にはこのようなことが問題となり,多くの裁判例が積み重ねられてきたところです。

実際多い例としては,「●●という事実はないと思いますが,被害者の方が言うのであれば●●という事実があったと思います。」,「思い出してみると,●●ということがあったと思います。」など,捜査側が想定するストーリーに沿う内容に誘導させるような質問がちりばめられること等が挙げられます。

そのため,供述調書の読み聞かせの際には,十分に注意しなければならないのです。
 
しかし,突然逮捕されて動揺している方にとって,取り調べで自身の記憶に従ってしっかりと供述ができるとは限りません。

そこで,逮捕された直後に弁護士が面会(接見)し,被疑者の権利や取調べでの対応,今後の流れを説明することで,不当な刑罰が科されること等を防止できることがあるのです。
 
まずはお問い合わせください。
 



banner_01.jpg
  • セミナー・講演情報

対応地域 -新潟県全体-

下越地域

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡―聖籠町、岩船郡―関川村・粟島浦村、西蒲原郡―弥彦村、東蒲原郡―阿賀町

中越地域

加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡―田上町、三島郡―出雲崎町、南魚沼郡―湯沢町、中魚沼郡―津南町 、刈羽郡―刈羽村

上越地域

上越市、糸魚川市、妙高市

佐渡市


Positive Off_ENG.JPG